Mother3

PROLOGUE

投稿日:

PROLOGUE

いかにものんびりした美しい風景のなかに、質素な山小屋がたっています。

主人公の少年の、おじいさんの住まいです。

お母さんと一緒に、おじいさんのうちに遊びに行った、

双子の少年たちは、

今日のうちにお父さんの待つタツマイリ村に帰ることになっています。

大きくて気立てのいい動物ドラゴと全身を使って遊んだり、

食卓を囲んでお母さんの手料理を味わったり、

たのしい時間は、あっというまに過ぎて行きます。

いつもの森を抜けて、あとは帰るだけ。

不吉な気配など、みじんもありませんでした。

「もうじき帰りますよ」という手紙をくわえた鳩が、夕暮れの空を飛び立ちました。

ここが世界のどこなのか、いつの時代なのか、

さらには、悲劇なのか喜劇なのか・・・。

すべては謎にされたまま、この物語は始まります。

WELCOME TO MOTHER3 WORLD

ようこそ「MOTHER3」の世界へ!

最近の投稿

-Mother3

Copyright© 01Nintendo , 2018 All Rights Reserved.