Metroid2

メトロイド 2 攻略 / ストーリー

投稿日:

メトロイド 2 攻略 / ストーリー

TOPに戻る

コスモ暦2000年代、銀河では惑星間の交流が盛んに行われていた。
多くの惑星から代表者を集め、「銀河連邦」を設立し、銀河の平和につとめていた。
しかし、銀河にはまだ多くの未知の惑星が残されており、様々な事件も起きていた。そのひとつに宇宙戦士 サムス アランの活躍により解決された重大な事件があった。

20X5年ー
銀河連邦の調査船により惑星SR388で未知の生物が発見された。
それを採取した調査船は急遽、銀河連邦へ帰還の途についた、そのとき…
宇宙海賊の奇襲にあい、その生物が奪われてしまったのだ。
彼らはその生物を使い、銀河を征服しようと企てた。

その生物の名を「メトロイド」という。「メトロイド」とは一種の浮遊生命体であり、β線を照射するだけで増殖し、他の生物にとり付いてそのエネルギーを全て吸いつくす能力をもった、非常に危険な生物である。
サムスは銀河連邦軍の依頼により、宇宙海賊の要塞惑星ゼーベスに単身乗り込んだ。苦闘の末メトロイドを倒したサムスは、さらに要塞の中心であるマザーブレインをも破壊、その野望を打ち砕いたのだ。

この事件を重く見た銀河連邦は、再び調査船をSR388へ向かわせた。前回の調査で発見されていないメトロイドが存在しているかも知れないからだ。

そして数日後、緊急連絡が入った。

なんとSR388の地底を調べに向かった調査隊が失踪したというのだ。さらに救助に向かった部隊までもが……
銀河連邦はただちに連邦警察の武装兵士から成る特殊部隊をSR388へ派遣し、地底に送り込んだ。しかし彼らもまた、わずかな資料を送ってきただけで消息を絶ってしまった。
銀河連邦は数少ない調査データを調べて行くうちに、ついにメトロイドの存在を確認した。メトロイドはSR388の地下深くに潜んで、活動を続けているといういのである。
この噂はまたたくまに広がり、再びメトロイドの恐怖が銀河全体をつつみ込んだ。
銀河連邦は緊急最高会議を開き、結論を急いだ。
出席した全員の考えはひとつ……。それは、サムス アランによるメトロイド絶滅指令だった。

SR388の地下世界は、ドーム状の空間が何層にも複雑に重なりあった構造をしており、いくつかは地上にもつながっていた。それはかつて栄えた文明の遺跡のようでもあった。またそこにはSR388に生息するあらゆる生物がすみついていたのだ。

サムスは銀河連邦からの指令を受け、惑星SR388へと向かった。

サムスとメトロイドの対決が、再び始まろうとしている。
銀河がメトロイドの恐怖からのがれるために……。

METROID Ⅱ Return of Samus / メトロイド 2 攻略

METROID Ⅱ Return of Samus / メトロイド 2 攻略 STORY コスモ暦2000年代、銀河では惑星間の交流が盛んに行われていた。 多くの惑星から代表者を集め、「銀河連邦」を設 ...

続きを見る

関連記事(広告含む)

-Metroid2

Copyright© 01Nintendo , 2019 All Rights Reserved.