キングスフィールド1

キングスフィールド 攻略 / キングスフィールド ストーリー

TOPに戻る

キングスフィールド ストーリー

KING’S FIELD - Story

深い森に四方を囲まれた、ヴァーダイト (Verdite) と呼ばれる小さな国があった。

遥か昔に戦いがあり、多くの民が倒れそして傷ついたとき、ヴァーダイトを救った者がいた。
それが人であったのか、妖精や魔物の類だったのかは、すでに森に漂う霧の中に消えてしまった。
それを『森の竜』と呼び、神殿を築いた者達だけが言い伝え、崇拝してきた。だが、今ではその伝説だけが、取り残され、神殿は王家の墓所に姿を変え静まり返っている。

「いつの日か、森の竜と呼ばれるものが魔導器を携え帰って来る。」と伝説は伝えている。
しかし、今はまだ神殿奥深く眠って居るのだと。

あるとき、神殿を訪れた者と一族が、その魔力ゆえに王として国を治め、神殿に王家の墓所を造り始めた。
墓所を広げ続けるその影で、王もまた魔導器を探しているのかもしれない。
いや、そのためにこそ、この地を訪れたのであろう。

ジャン・アルフレッド・フォレスターはこの国の護衛隊長ハウザーの長男として生まれた。
剣に興味を持ち修行を始めた彼は、父をも凌ぐ素質があると評判になる。父を越えることを目標としたジャンは、隣国の父の友人に師事することにし、故郷を旅立った。
そして剣の修行に励んでいたジャンは、ある日故郷に関するこんな噂を耳にした。

「王は兵を送って魔導器を探していた。しかし何度探しても見つけられず、そのうち送った兵が帰ってこなくなった。そこで部隊を送って調べたところ、どうやら墓所内に魔物が現れ兵を襲っているらしい。
王は護衛隊長に命じ、大部隊による墓所の制圧を図ったのだがほぼ全滅の大被害を被り、魔物退治に賞金を懸けることを自国・近隣諸国へ通達し、傭兵を募集している。」

父の身を案じたジャンが国へ帰って聞いた話は、
「フォレスター隊長は、作戦を指揮した後に一度帰還したか、部下を救うために再度墓所へ降りて行った」
というものだった。

ジャンは、父を捜しに傭兵として墓所へはいる決心をした。

キングスフィールド 攻略 / KING'S FIELD

キングスフィールド 攻略 / KING'S FIELD プロローグ 深い森と、その回りを渦巻く風により霧に包まれた、 ヴァーダイトと呼ばれる小さな国があった。 続きを見る 遙か昔、大きな戦いで人々が傷 ...

続きを見る

関連記事(広告含む)

-キングスフィールド1

© 2021 01Nintendo