TOP >> レトロ攻略 >> 麻雀 攻略

麻雀/Mahjong

---------------------------------
INFO
---------------------------------
麻雀 (任天堂)
1983年8月27日発売
価格:4500円

シンプルな麻雀ゲーム

初級・中級・上級があり自分に合わせた難易度で遊べるよ!

【初級】…配牌が良い。
ノーテン状態ではリーチができない。
アガれない時は『アガリ』を選択できないなど初心者にはやりやすいモード。


【中級】…少し配牌が悪い。
テンパイでなくてもリーチができてしまう・・
アガれない時でも『アガリ』を選択する事ができ「チョンボ」になる。
『ヤクナシチョンボ』『ノーテンチョンボ』があり 罰符8000点〜12000点を取られる。


【上級】…かなり悪い配牌。
中級の内容+ツモってきた牌を捨てるまでの制限時間が付加される。

---------------------------------
OPERATION
---------------------------------
十字キー:
 牌の選択

Aボタン:
 決定

Bボタン:
 アガリ・リーチ・ポン等

スタートボタン:
 ポーズ。タイトル画面ではモードの決定!

セレクトボタン:
 タイトル画面でのモードの選択

---------------------------------
アガリ とは
---------------------------------
麻雀は、14枚を 4面子 (メンツ)、1雀頭 (ジャントウ) のかたちにしてあがることができる。
面子は、3枚の牌 (例外は 4枚: 槓) で構成され、雀頭は 2枚 (対子) で構成される。

---------------------------------
牌の形の名称
---------------------------------
●対子 (トイツ)
同じ牌 2枚をいう。雀頭にするために必ず必要。

●刻子 (コオツ)
同じ牌 3枚をいう。手牌で作ると暗刻 (アンコオ)、さらすと明刻 (ミンコオ) という。

●順子 (シュンツ)
同種の連続した数牌 3枚をいう。

●槓子 (カンツ)
同じ牌 4枚をいう。ただし、カン と宣言して場にさらして認められる。
刻子と同様、手牌で作ると暗槓 (アンカン)、他の人の牌を使うと明槓 (ミンカン) という。

---------------------------------
牌の名称
---------------------------------
●東、南、西、北
四喜牌 (スウシーハイ) または 風子牌 (フォンツハイ)

●白、發、中
三元牌 (サンゲンパイ)

※四喜牌OR三元牌で字牌 (ツーパイ)

●一、九
老頭牌 (ラオトウパイ)

●二〜八
中張牌 (チュンチェンパイ)

※老頭牌 OR中張牌で数牌 (シュウパイ)

---------------------------------
1飜
---------------------------------
●平和 (ピンフ)
面前聴牌に限る。3組の順子と、飜牌でない雀頭、両門 (リャンメン) 待ちの塔子 (ターツ) で、聴牌 (テンパイ) し、あがるとこの役がつく。複合の基礎となる基本役。

●自摸 (ツモ)
面前に限る。正しくは面前清摸和 (メンゼンチンモーホー) という。つまり、あがって最後の形まで 面前 (しつこいが面前清) で。単に ツモ というが立派な役。

●断幺九 (タンヤオ)
正確にはタンヤオチュウ。幺九牌を一枚も使わずにあがる。

●一盃口 (イーペイ)
面前聴牌に限る。正確にはイーペイコウ。同種の数牌で同じ並び(順子)を2組作る。 七対子とは複合しない。

●立直 (リイチ)
面前で聴牌して、リーチと宣言し、千点棒を場に供託することにより、役として 認められる。また、ポン、チー、カンのないリーチ後の 1順目で、あがると一発という ボーナスがついて + 1飜となる。ただしこの一発は役としては認められず、二飜し ばりの場ではリーチ一発のみではあがれない。ドラと同じ扱い。

●嶺上開花 (リンシャンカイホワ)
聴牌している状態で、カンをして、嶺上牌であがるとこの役。暗槓の場合と加槓に よる場合はツモあがり、誰かがカンさせてあがった場合はその人からのロンの扱い、 となる。

●海底摸月 (ハイテイ)
正確にはハイテイモーユエ。最後のツモ牌であがる。ただし、 海底牌の直前の牌で槓をした場合は海底牌はなくなり(王牌に吸収されている)、 嶺上牌であがった場合(結果的にはそれが最後の牌になるが)この役は成立しない。 役のない 形式聴牌 でもこれであがることはできる。


●河底撈魚 (ハイテイ)
正確にはホーテイローユイ。最後の捨て牌であがる。あとは海底の場合と同じである。

---------------------------------
2飜
---------------------------------
●三色同順 (サンショク)
正確にはサンショクドウジュン。3種の数牌 (三色) で、同じ並び (同順) をつくる。


●三色同刻 (サンショク)
正確にはサンショクドウコウ。3種の数牌 (三色) で、同じ刻子 (同刻) をつくる。 三色同順と異なり、さらしても食い下がりしない。


●一気通貫 (イッツウ)
正確にはイッキツウカン。1種の数牌で一から九までのつながった3組の順子をつくる


●全帯幺 (チャンタ)
正確にはチャンタイヤオ。全ての面子に幺九牌を含む (帯びる)。幺九牌のうち、 老頭牌のみを帯びた場合は 純 がついて純全帯幺 (ジュンチャン) となる。


●七対子 (チートイツ)
読んで字のごとく。七種の対子 (トイツ) をつくって あがる。役は 2飜だが、点数計算上、25符 2飜である。


●対々和 (トイトイ)
正確にはトイトイホー。4組の刻子 (暗刻、明刻を問わない) と雀頭でつくる。


●三暗刻 (サンアンコオ)
3組の暗刻 (三暗刻) をつくればよい。この中に暗槓 (アンカン) が含まれてもいい。 さらしても 2飜だが、この役の意味から論理的に考えて、暗刻でなくなるような さらしかたをする (つまり明刻になる) と役が成立しない。4組で 四暗刻 (スーアンコオ) となり、役満である。


●三槓子 (サンカンツ)
読んで字のごとく。槓子を 3つ作る。全て暗槓なら三暗刻と複合する。4つ作れば 四槓子 (スーカンツ) となり、役満である。


●小三元 (ショウサンゲン)
三元牌のうち、3種類とも使用し、1種が雀頭。役としては 2飜だが、必ず飜牌 を刻子にするので、 2飜追加され、実質 4飜である (ただし満貫とは限らない)。


●混老頭 (ホンロウ)
正確にはホンラオトウ。字牌と、老頭牌のみによってつくる。構造上、必ず七対子 か対々和と複合するので、実質 4飜である (ただし満貫とは限らない)。


---------------------------------
3飜
---------------------------------
●混一色 (ホンイツ)
正確にはホンイーソー。字牌と、1種の数牌でつくる (染めるという)。


●純全帯幺 (ジュンチャン)
正確にはジュンチャンタイヤオ。全ての面子に老頭牌を含み (帯び)、雀頭も 老頭牌でつくる。字牌を使わないチャンタと考えればいいが、もちろん複合しない。


●二盃口 (リャンペイ)
面前聴牌に限る。正確にはリャンペイコウ。イーペイコウを 2組作ればよい。これも 七対子とは複合しない。


---------------------------------
6 飜
---------------------------------
●清一色 (チンイツ)
正確にはチンイーソー。1種の数牌でつくる (染める)役。

 

---------------------------------
役満
---------------------------------
●天和 (テンホー)
役満 親が、最初の配牌であがっているとこの役。


●地和 (チイホー)
役満 子が、最初の配牌で聴牌しており、第 1順目のツモであがること。自分のツモ番 までにポン、チー、カンが入るとこの役は前提条件を失う (つまり無効)。


●大三元 (ダイサンゲン)
役満 三元牌をすべて刻子 (槓子を含んでもよい) にする。


●国士無双 (コクシムソウ)
役満 論理的に面前に限られる。13種の幺九牌と、どれか一つの牌を雀頭として対子 にする。別名を十三幺九 (シーサンヤオチュウ) という。


●四暗刻 (スーアンコオ)
役満 4組の暗刻をつくる。これもその役の名称から論理的に考えて、暗刻が欠けるような あがりかたをすると、三暗刻、対々和になってしまうので注意が必要。


●四槓子 (スーカンツ)
役満 4組の槓子をつくる。この場合は例外的に四槓算了 (スーカンサンラ) の流局 にはならず、他の誰かがもう一つ槓 (5つめ) をすると流局となる。


●四喜和 (スーシーホー)
役満 4つの風の牌を全て刻子にする (大四喜) か、3つを刻子にして 1つを雀頭にする (小四喜) 。ともに役満である。


●字一色 (ツーイーソー)
役満 読んで字のごとく。字牌のみであがる。


●緑一色 (リュウイーソー)
役満 読んで字のごとく。緑色の牌のみであがる。索子の二、三、四、六、八、及び發 を使う。發があってもなくても認められる。


●清老頭 (チンラオトウ)
役満 老頭牌のみ (清) でつくる。6種の老頭牌のうち5種まで使用しなくてはならず、 かつすべて刻子または対子で構成するため、組合せ数の最も少ない役。


●九連宝燈 (チュウレン)
役満 面前聴牌に限る。正確にはチュウレンポウトウ。面前のチンイツの究極形。一と九を 3枚ずつ、二〜八を一枚ずつ、そして残りもう一つを一から九のどれか。あがった かたちさえこうなっていれば認められる。役満の中の役満である。

 

Copyright:(C) 2003- 01nintendo All Rights Reserved.

※このページに掲載している画像は全てドット打ちで作成していますので、実際と若干違いがあります。